リハビリテーション課

リハビリテーション課では、理学療法士4名、作業療法士1名、リハビリ助手1名の計6人体制で、リハビリのお手伝いをさせていただいています。
各々が得意分野を持ち、定期的に勉強会・研修会へ参加し知識・技術の研鑚に励み、よりよいリハビリの提供を目指しています。誰しも身の周りの動作は人の手を借りず自分自身で行いたい、と思います。私たちは病気、障害があっても住み慣れた場所で、自立した生活をしたいという皆様の思いを大切にしています。

リハビリテーション課

理学療法とは

理学療法とは、病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある方々に対し、その機能改善を目的に行われる治療法です。温熱、電気、水、光線など物理的な作用を利用する物理療法と、運動療法※があります。

理学療法の直接的な目的は低下した運動機能の回復にありますが、最終的にはADL(日常生活に最低限必要な基本的動作)の改善を通じ、QOL(生活の質)の向上を目指します。

*運動療法とは、関節の可動域(動かすことのできる角度)や筋力、運動の協調性(滑らかさなど)といった運動機能に対し治療者が身体に何らかの操作を加えたり適切な動きを学習させていく治療を指します。

理学療法1理学療法2理学療法3

 

作業療法とは

作業療法とは、人が生きていく上での全ての活動を作業と捉え、障害された運動機能を改善しながら、その人らしい生活を取り戻していくための治療です。入浴や食事などの日常生活動作から、職場復帰に至るまで、生活そのものをサポートしてゆきます。

作業療法1作業療法2

 

主な物理療法機器

物理療法機器1

マイクロウェーブ
(極超短波)

物理療法機器2

テクトロン
(低・中・高周波通電)

 

牽引装置

物理療法機器3

(頸椎牽引)

物理療法機器4

(腰椎牽引)

 
物理療法機器5

超音波治療器

物理療法機器6

ホットパック

 
物理療法機器7

アクセラス

 

外来受付時間のご案内

物理療法

月〜金 8:30〜18:00
8:30〜11:30

運動療法

月・木 8:30~17:45
火・水・金 8:30〜17:00
8:30〜11:00
 

ご不明な点は、0942-22-5866 (リハビリテーション課直通)までお問い合わせください。

主な参加勉強会

・Spine Dynamics療法
・パリス・アプローチ
・入谷式足底板
・Muscle Pain Relief
・Muscle Energy Technique
・九州ハンドセラピィ研究会

Copyright(c) 2018 日高整形外科病院 All Rights Reserved.